国際調停

    @ JIMC(日本国際調停センター), 同志社大

    紛争当事者の合意に基づき設立された中立的な第三者が、各当事者の主張の調和を図り、当事者の合意で国際的な紛争を解決する手続きのことです。

    米国、中国、インドのようなシンガポール条約加盟国の裁判所は基本的に国際紛争解決に調停が記載されている場合、訴状を受け付けることはできません。。詳しくは、本ページ末に動画をご覧いただくか、直接私共にお問い合わせください。

    特に商標や発明等の知的財産にまつわる紛争、労使関係の紛争において、調停が紛争解決手段として用いられます。

    長所と短所

    調停を活用する長所として下記のものが挙げられます。

    ・最終判断を当事者による自由裁量で行える 。
    ・調停中の手続きが非公開である 。
    ・当事者同士で柔軟に重要事項を決められる 。
    短期での紛争解決を望むことができる 。

    一方で、費用と時間をかけても調停が不成立になって終わる場合もあることが短所といえます。

    調停と仲裁の違い

    紛争解決の援助を第三者に依頼する点では仲裁調停は共通していますが、誰に裁量があるのかという点が異なります。
    仲裁では仲裁人が最終判断を下す一方、調停人には調停案を提示することは認められておらず、調停の成立は当事者自身が決めることになります。

国際商事調停につきまして、別途詳しく説明させて頂いています。以下の動画およびファイルをご自由にご活用ください。

下の画像をクリックすると、ファイルのリンクへ移行します。

width="35"国際調停

国際調停に関連した資料を以下に掲載しております。クリックしていただくと各リンクへ移行します。ご自由にお役立てください。

シンガポール調停条約