連載記事

当事務所所属弁護士の堀江純一が過去に執筆した記事を一覧にして掲載しております。800字程度の短く読みやすいものとなっておりますので、ご興味のあるトピックの記事を是非お読み下さい。

但し、内容自体には法的アドバイスをする目的のためではありませんことを予めご了承ください。


「正義と秩序」

堀江氏自身の経験などを基に、法にまつわるトピックを絡めて執筆した記事です。「その#」をクリックすると、各記事のリンクに移行します。


  • その1   「法律は”平等”といえるのか ― 日豪の接待交際費の非課税 / 課税の差」
  • その2   「移民法と差別 / 日豪の有給休暇の扱いの差」
  • その3   「政府が所得税、消費税を上げないのはなぜか」
  • その4   「何のために法律を定めるのか」
  • その5   「社用者で速度違反した場合、法人と企業どちらの責任になるか」
  • その6   「御仕事(a honorable job)と仕事(a job)」
  • その7   「”ディプロマ・ミル”とは ― 学位の扱い」
  • その8   「ニュージーランドのレジャーが安価なのはなぜか」
  • その9   「文化の違いを踏まえた経営の難しさ」
  • その10  「Fair Work Actの適用範囲」

  • その11  「駐在員事務所がなくなった理由 ― 法人格と非法人格」
  • その12  「豪州の税収先の行方」
  • その13  「民主主義のあり方 ― 日本の投票率の低さ」
  • その14  「会社役員の義務とは」
  • その15  「航空業界の法的規制と経費削減の狭間」
  • その16  「日豪間の通勤・出張の経費扱いの違い」
  • その17  「思いがけない多額の請求には”オンブズマン制度”」
  • その18  「EPAによる駐在員VISAの緩和」
  • その19  「豪州における国が保障するサービスと州が保証するサービス」
  • その20  「アボリジニは200年近く先住民として認められていなかった?」

  • その21  「倒産時に管財人から返金を要望されたケースのFQA」
  • その22  「倒産寸前の企業を買収するケースのFQA」
  • その23  「豪州手術体験談その1 ― 保存期間切れの輸血」
  • その24  「投資のタイミング」
  • その25  「豪州手術体験談その2 ― 検査の甘さと医療の分業」
  • その26  「海外法人を持つ本社が倒産した場合、誰が責任を負うのか」
  • その27  「豪ドルの下落」
  • その28  「海外における私文書と公文書の境目」
  • その29  「州議会の政治体制」
  • その30  「オーストラリアにおけるキリスト教の歴史的立ち位置」

  • その31  「豪州の歳入問題 ― Google社の脱税・節税問題を事例に」
  • その32  「日系企業の現地法人の社長が不正行為により検挙」
  • その33  「指名解雇の方法」
  • その34  「弁護士の視点での裁判の向き・不向き」
  • その35  「資源ブームが去って豪州政府が打つ手とは」
  • その36  「オーストラリアの日本進出」
  • その37  「政府機関への訴訟増加」
  • その38  「署名偽造にご注意を」
  • その39  「欧米企業の豪州進出 / 個人情報漏れ事件」
  • その40  「精神病院訪問録 / 全日空の運行再開」

  • その41  「税金滞納の顧客の案件を通して」
  • その42  「守秘義務違反の案件を通して」
  • その43  「豪州経済の変遷」
  • その44  「日本の社会主義と欧米の個人主義」
  • その45  「日豪間の年次休暇と病給の扱いの違い」
  • その46  「豪州における日系ビジネスの盛衰」
  • その47  「法を定める権力者と歴史を作る一般市民」
  • その48  「マルコム政権発足 / 豪州人のエリートとは」
  • その49  「オーストラリアの日系飲食業界」
  • その50  「人選時の 太郎,John, 花子,Mary の暗号の意味とは」

  • その51  「不動産投資について」
  • その52  「第二次産業から第三次産業へ」
  • その53  「”働かない”職場環境」
  • その54  「中国の領土拡張の動き」
  • その55  「駐在員VISA ― IELTS審査基準の変更」
  • その56  「駐在先の社員がラジオをかけながら仕事をしていたらどうしますか?」
  • その57  「指名解雇金がもらえない ― ある警備員の事例から」
  • その58  「効率・生産性の低さが管理者を高める」
  • その59  「投資型の英米人 / 貯蓄型の東アジア人」
  • その60  「遺言と遺産相続 ― ある顧客の事例から」
  • その61  「日本と諸外国での働く動機の違い」
  • その62  「社員の意思で仕事をさせるには」
  • その63  「景気の後退は金融にまで…?」
  • その64  「クリスマスは本来何をお祝いする日なのか」
  • その65  「クリスマス・年末年始の過ごし方」
  • その66  「英語力が必要になる仕事は単純労働!?」
  • その67  「個人的な問題で訴えられた際、会社に報告すべきか」
  • その68  「豪州企業買収の相談の案件その1」
  • その69  「豪州企業買収の相談の案件その2」
  • その70  「不倫と保険金の泥沼問題」

  • その71  「不当解雇された際には」
  • その72  「企業買収の際の鑑識会計について」
  • その73  「倒産と優先支払い」
  • その74  「ニュージーランドで事故にあった場合 ― 国家補償ACCについて」
  • その75  「戦争や宗教に関して人をからかう事はジョークでは済まされない」
  • その76  「NSW州における海外運転免許証の扱い」
  • その77  「雇用主指名暫定ビジネスビザ」
  • その78  「オーストラリアで事業を展開するには?」
  • その79  「取引企業の支払い不能時に不公平な優先弁済を受けたとみなされないためには?」
  • その80  「未払い債権の回収手順」

  • その81  「ドローンと航空法」
  • その82  「457ビザ制度の抜本的な見直しの提言 ― 駐在員コスト増大の可能性」
  • その83  「オーストラリア就労関連ビザ概要」
  • その84  「統合・買収と独占禁止法」
  • その85  「457ビザのアップデート」
  • その86  「公証人の歴史」
  • その87  「フェアー・ワークのアップデート ― 有休の取り扱いに関する変更」
  • 連載記事